大学生なのに髪が薄い!大学生のaga治療はどんなものがあるの?

薄毛を気にする人は多く、薄毛や抜け毛の悩みはたびたび注目されることが多い話題の1つ。薄毛の人口は増え続けており、ハゲの悩みはもはや他人事ではなくなっています。男性の悩みのタネであるagaは中高年層だけでなく、実は大学生でも発症してしまうことがあります。

もし、花の大学生時代にAGAを発症してしまったら、どうすればいいのでしょうか。今回は、大学生なのに髪が薄い人に向けてaga治療方法や薄毛対策を紹介します。

関連:aga治療の支払いは健康保険の一部負担があるのか


agaについて

agaは男性型脱毛症と呼ばれるものです。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことにより、ジヒドロテストステロンに変換されてしまいます。このジヒドロテストステロンは脱毛と強い因果関係があり、agaを発症している人の脱毛部位に、このジヒドロテストステロンが高濃度にみられます。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルの乱れを引き起こし、髪の毛が十分に成長する前に髪の毛が抜けてしまうようになるのです。agaの髪の毛の薄くなりかたや見た目の特徴としては、生え際が薄くなるM字ハゲや、つむじから薄くなるカッパハゲなどがあります。

薄毛で悩んでいる人の90%以上がagaと言われており、agaは進行性脱毛症なため放置しておくとどんどん頭皮の状態が悪化し、薄毛が進行していってしまいます。agaは年齢を重ねるごとに発症する確率が上がっていきますが、場合によっては、10代後半や20代前半の若年層でも発症してしまうことがあるようです。

若いうちに発症する原因として多いのは、薄毛体質を親などから遺伝、ストレス過多によるホルモンバランスの乱れがあります。agaは若いうちから治療することで治療効果が高くなるので、まだ若いから大丈夫だろうと軽視せず、早めに対処することが大切でしょう。

agaを大学生で発症すると

人生で一番楽しいのは、大学生の時だという人もいます。

社会人になると遊ぶ時間も限られてくるので、大学生のうちに思いっきり遊ぶことが大切です。大学生になれば、髪型や服装も決まりがなく、自由な時間が増えるため、恋愛なども楽しめるようになります。

しかし、そんな大学生時代にagaを発症するとどうなるでしょうか。「ハゲ」というあだ名をつけられたり、薄毛で自分に自信がなくなったりして、大学生活が楽しくないと感じてしまうでしょう。大学生時代に薄毛の対策をしないと、社会人になった時にはもっと頭皮が悲惨な状況になっていきます。

社会人になったら、日々の仕事の疲れや人間関係によってストレスがたまりやすくなり、薄毛もどんどん進行していってしまいます。大学生時代で薄毛に気づいた時に治療・対策するかによって、ハゲとして生きるのか、髪の毛がある状態をキープして生きるかの分岐点になるのです。

薄毛に気づいたら、頭皮環境を良く保つような生活を心がけましょう。そうすれば、年をとった時にすでに手遅れという状況をさけることができます。

大学生のaga治療の方法とは

agaの治療は、agaクリニックや、一般病院の皮膚科などで行うことができます。皮膚科で処方されるのは脱毛予防薬であり、これでも約8割の人が薄毛の改善効果が見られたそうです。薄毛の進行が軽い場合は皮膚科、進行が大分進んでいると感じている場合はagaクリニックを受診してみましょう。

ただし、agaクリニックで使用される薬は、未成年の使用が禁止されているものもあるので、20歳以上になってから治療を行うのが良いでしょう。agaクリニックの治療方法の基本は、飲み薬や塗り薬による投薬治療です。

使われる薬は、ミノキシジルと呼ばれる発毛効果のある薬や、フィナステリドと呼ばれる脱毛ホルモンの生成を抑制するものなどがあります。費用は、ミノキシジル内服薬が約1万円、フィナステリドが約5500円となっています。

この2つの薬を併用すると、費用も高くなってしまうでしょう。この治療は約6ヵ月から1年続きます。費用がちょっと足りないという場合は、新薬と同じ効果があるけど比較的安い費用で購入できるジェネリック医薬品を使うという方法もあるでしょう。

ジェネリック医薬品の購入方法は、医師による処方か個人輸入などがあります。ちなみに、agaの治療は保険適用外です。薄毛というのは命に関わる症状ではないため、薄毛や抜け毛の治療に対しては保険が適用されないのです。

agaの対処法・予防法とは

agaの治療方法は、病院に通うだけではありません。agaは遺伝的要因以外にも原因があり、ストレスを抑制したり、生活習慣を見直したりすることで症状を改善できることもあります。育毛の環境を整えるためには、血行を良くすることが大切です。

髪の毛に栄養を届けるのは血の役割なので、血の流れが悪いと丈夫な髪の毛が育たなくなってしまいます。頭皮マッサージをしたり、運動を習慣化したりしてみましょう。また、ストレスは頭皮の血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうので、ストレスフリーな生活を心がけなければいけません。

髪の毛は皮膚と同じように、自分たちが食べたものの栄養からできています。髪の毛の材料となる代表的な成分は、「たんぱく質・ビタミン・亜鉛」などです。逆に脂っこいものばかり食べてしまうと、皮脂の過剰分泌を引き起こし、育毛の妨げになります。

髪の毛に十分な栄養を与えるために、髪の毛に良い食べ物や、バランスの良い食生活を目指すことが大切です。また、髪の毛の成長には睡眠が大きく関わっています。日中のダメージを修復したり、成長ホルモンを分泌させて髪の毛を成長させるたりするのは睡眠中です。

薄毛や抜け毛の原因が睡眠不足によるものということも多いので、髪の毛の健康のために良質な睡眠を目指しましょう。

育毛剤を使ってみよう

最も手軽に薄毛対策・予防できるのが、育毛剤を作った方法です。育毛剤の中には、agaの原因である男性ホルモンを抑制するものや、頭皮の血行促進、毛母細胞に栄養を補給するタイプなど様々なものがあります。生活習慣の改善と育毛剤を同時に活用すれば、薄毛対策の効果もより効果的なものになります。

育毛剤は実に様々な種類のものが売られているので、育毛剤を使う時は、自分の薄毛の症状に合ったものを選ぶということが何よりも大切です。

参考情報:薄毛治療名古屋 > https://0120077635.com/aga/